職務経歴書の書き方

簡単に言えば、履歴書では記載できないあなたの今までの具体的なキャリアややる気等をアピールするための強力なツールです。職務経歴書では、具体的にあなたがどんな業務を遂行し、当社で何ができるのかが分かりません。また人気のあるお仕事ですと、僅かな採用枠に5倍から100倍もの応募が殺到するケースは珍しいものではありません。職務経歴書で自己PRし、無事面接にたどり着けるように頑張りましょう!

職務経歴書の基本形式、これだけは!
  • 書式は自由形式ですが、A4サイズの縦向き設定で、横書きが基本です。
  • 枚数は1~2枚程度で箇条書きで簡潔にまとめよう。
  • 表題には職務経歴書と記入、一番大きな文字で14~16ポイント程度
  • 見出し文字に関しては、本文より大きな文字で14ポイント程度
  • 本文は10.5~12ポイント程度で明朝体
  • 名前と印鑑を忘れずに
  • 自己PRや志望動機はキャリア等も含め、しっかりとした内容でアピールしよう。
  • 実績や具体的な数字は、プロジェクトや商品名をあげて分かるように記載しよう。
  • 最後にOA機器(使用可能なOA)に関しても必ず記載しましょう。
形式は自由ですが分かりやすさが重要

作成する前に必ず、今まで就業してきた企業ごとのデータやキャリアを整理することから始めましょう。今まで就業してきた会社の基本情報やそこでのあなたの職務、担当した仕事、実績、学んだことを書きだし、整理してから職務経歴書の作成に取り掛かりましょう。整理し、具体的な職務経歴書を作成することで先方へのアピール度が増すだけでなく、面接のときにも必ず役に立ちますので、内容の具体的なものを簡潔にまとめてみましょう。

  • あなたは、今現在 自分の事をどこまで整理し、人に語ることができますか?
  • あなたが、自分の事を語れないのに、人に伝え説得することはできません!

・職務経歴書サンプルのダウンロード(PDF)・職務経歴書をダウンロード(Microsoft)